台本の頁のカット
logo-カット
index

日付:2018年5月15日

  ABOUT ~ 最近のメモ

 

   ★ 映像のなかの大杉漣さんの力業は、見ていてとても励みになった。 2018-3/25
   ★ そばつゆ作り。 2018-2/25 執筆中
   ★ 荒川区近辺の立ち喰いそば屋さんを巡り歩く。 (1)~(4) 2018-2/24 執筆中
   ★ 下町のラーメン屋さんの普通の味 2018-2/28 執筆中
   ★ 「演劇団」の流山児祥さんに「お前は、孤独が浅い!」と怒られた。 2016-5/20
   ★ 旧「中村座」の座長・中村直太郎さんがお亡くなりになりました。 2016-5/20

 

日付:2018年4月25日

  稽古場ノオトです  由緒の無い芝居の、形のない稽古場

   ★ no.36「光合成クラブ・Ⅱ」の挨拶文について 2018-5/15 執筆中
   ★ no.35「踊り子」からno.36「光合成クラブ・Ⅱ」へのダイアローグ 2018-5/10 執筆中
   ★ 村田与志行さんの文章への感想文 2018-5/10 執筆中
   ★ 村田与志行さんの文章「菅間馬鈴薯堂の稽古 Ⅱ」 2018-5/10 
   ★ 村田与志行さんの文章「菅間馬鈴薯堂の稽古 Ⅰ」 2018-5/10

 

日付:2018年5月7日

  演出のフィールド・ノオトです

 

   ★ 「はじめに」     なぜ、不可抗にむかって書くのか?  執筆中
   ★ しゃべり言葉、書き言葉、ふたつを超える。     村上春樹の場合  執筆中
   ★ 「全体的な喩」とは、なにか~ (1)  ~(2)     詩的な喩の問題  執筆中
   ★ 「言葉という思想」から~     言葉をどのように考えるのか  執筆中
   ★ テレビの話芸~     演者の意識の位置  執筆中
   ★ 美空ひばり~     声の力  執筆中
   ★ 吉本隆明の「中野重治」~     観客はどこにいるか  執筆中
   ★ 吉本隆明の「ふたつの目」~     「踊り子」の自己評価  執筆中
   ★ 高村光太郎の言葉の重さとテレビの体を張る言葉 (1)~(2)     言葉の力  執筆中
   ★ 故太田省吾さんの言葉の使い方~     オレは誤解していたかもしれない  執筆中
   ★ 「声」ってなんだ?  糸井重里×吉本隆明の「悪人正機」より~   執筆中
   ★ <演技>に価値って、あるの?  吉本隆明×石川九揚対談集 「筆蝕の構造」より~   執筆中

 

日付:2016年4月25日

 絶版となった「中島みゆき論」の初発の没原稿が残ってましたのでUPしました。

左寄せの画像  91年の夏の始めは信じられないほど暑かった。ほとんど毎日三十三度を超えていた。ぼくの妻はいつも夏になると麦藁帽子を買って頭にのせて歩いていた。今年は日傘まで買って麦藁帽子の上に日傘をさして歩いていた。その後姿は少しバカみたいに見えたが、本当のバカになってしまうよりましでしょといっていた。それくらい暑かったのだ。ぼくはなるべく風が入るようなブカブカの半ズボンとビーチサンダルも買ってもらって、出来るだけ日陰をフラフラ歩いた。真夏の道は、陽射しとクーラーの排出風でいまにも爆発しそうにふくれあがっていた~
 
  ★ 目 次 ★
   (1) はじめに/91夏~     ……「ホームにて」
   (2) 歌いぶりから~      ……「この空を飛べたら」
   (3) 哀しい女たち~      ……「元気ですか」
   (4) 魂の灯しび~      ……「髪」
     ★ 閑話休題 (1)~
   (5)言葉と映像~(1)      ……「狼になりたい」
     ★ 現在からの感想(1)      中島みゆきさん×吉本隆明さんの対談の抜粋
   (6)言葉と映像~(2)      ……「エレーン」
     ★ 世紀末ヒットパレード ~
   (8)察知の様式 その1     ……小説「泣かないで」
   (9)察知の様式 その2     ……「ファイト!」VS「世情」
     ★ 補章 雨の不忍の池     
     ★ あとがきにかえて     
     ★ 現在からの感想(2)     ……未着手です。

 

菅 間 勇 : 略 歴

 

   ○1950年:東京墨田区寺島(玉の井)に生まれる。
   ○1975年:明治大学文学部中退。
   ○1972年1月~1976年8月:早稲田小劇場に在籍。
   ○1977年4月~1991年6月:劇団卍(まんじ)を結成。代表となり、創作舞台を24本、発表。
   ○1994年4月~現在:菅間馬鈴薯堂を結成。代表となり、現在(2017)に至る。
   ○著作:「中島みゆき論」春秋社刊 その他。

 

 メール・アドレスが変わりました。いろいろなご意見、チケットのご予約等に利用して下さい。

 「送信」機能のCGIとか、ちょっと手に負えないので手打ちでお願いできますか。

 

mail