日付:2018年3月25日

   映像のなかの大杉漣さんの力業は、見ていてとても励みになった。

 

 

左寄せの画像  俳優の大杉漣さんが、2018年2月21日午前3時53分、急性心不全のために急逝された。享年66歳だった。大杉さんには、わたしの若い頃に大変にお世話になったことがあり、遠い場所からだが回想して哀悼に意を表しておきたい。
 
 大杉さんの所属していた転形劇場が30年ほど前に、氷川台の倉庫に中規模な新しい劇場を作り、どういうわけかわたしどもの馬鈴薯堂の前身の劇団卍に白羽の矢がたち、その新しい劇場(T2スタジオ)で卍の芝居を上演することになった。その折り大杉さんは転形劇場の渉外・制作担当で、わたしども芝居の企画の段階からいろいろ細々とした制作上の具体的な仕事を率先して裁いていただき、なんとか上演することができた。
 以来、転形劇場が解散して、大杉さんとはお付き合いがなくなってしまったが、後年TVや映画の表舞台で大杉さんの姿を見るようになって、大杉さんの姿は遠い場所から見ていた。
 映像のなかの大杉漣さんの演技の力業は、見ていてとても励みになった。相変わらず頑張ってる、そう思えたからだ。わたしの見ることができたごく少ない限られた範囲でだが大杉漣さんの出演した映画・TVのなかで、おまえはなにが一番面白かったかと問われたら、わたしならテレビ東京で放映された三池崇史監督の「パートタイム探偵(2002年放映)」だと即座に応える。これは、自宅のビデオに撮って、いまでも思い出すように見ている。最近の作品では、NHKスペシャル『メルトダウンFile.07 AI徹底分析 原発事故全記録』の再現ドラマだ。
 
 映画は好きだが、最近は公開時からちょっと遅れた映画をレンタル屋さんでDVDを借りて見るぐらいで、映画館へ行くは年に2、3回になってしまった。TVは大好きで、でもよく見るのは昼の時間帯に再放送されている2時間ドラマで、それを録画して夕食後に夫婦で楽しんで見ている。でも偶然のように見た大杉漣さんと松坂慶子さんの「パートタイム探偵」は初放映時にみた。久々に手放しで2時間枠のサスペンス・コメディを堪能できた作品だった。わが家ではその年一番楽しめたTV作品でのアカデミー賞作品となっている。原作も台本(田辺満)も監督、音響さんも生き生きとして、出演俳優さんもじぶんたちに配役された役を本気で愉しんで演技しているみたいに茶の間の一視聴者であるわたしには感じられた。
 本筋のミステーにはあまり関係のないが、ヒロインの家庭思いのがんばり屋の妻役に松坂慶子さん、その旦那役の大杉漣さん。大杉さんは、いまではすっかり威厳など喪失してしまったいる父性の奪回を祈るように、子供たちの前では空疎に威張り散らす父親役を実に愉しみながら演じていた。ドラマは、スリラーの本筋の謎解きから離れても、家庭生活内での夫婦関係、親子関係のちぐはぐさの小ドラマがコミカルに描かれていて、実に楽しいドラマになっていた。NETで放映日をみると2002年12月9日とあるから、いまから約16年ほど前の作品で、大杉さんの50才の時の作品ということになる。
 「パートタイム探偵」は、特筆すべきは松坂慶子さんで、中流下層の少しあわてんぼの奥さん像を愉しそうに演じていた。また旦那さん役の大杉さんも家庭では威張っているくせに、会社では実直で融通のきかず、周囲に辟易され、空気を読もうとしない不器用な五十男の悲哀を実に見事に大杉さんは演じきっていた。
 サラリーマン人生に翳りが見えだし、同時に家庭の財布の先細りを自覚した父役の大杉さんが、冷蔵庫にしわくちゃな千円札を貼り「今日からは、これが一日の食事代だ」と、父性の威厳などもうとっくに喪失しているのに、家族に向かっていい放つ話すシーン、子供たちに「親の意見と茄子の花は、千に一つも仇はない」と早口でうそぶくシーン、赤身のまぐろの刺身ではなく中トロのまぐろの刺身が食卓にのぼったとき、その中トロのまぐろを箸でつかんで見詰め「おい、これは、中とろじゃないか」と大杉さんの驚きの表情、(私立探偵の)パートに出ている妻に代わってエプロンを掛けで子供たちの食事の支度をする大杉さん等、数え上げればきりがないほど、どこの家庭にもある日常生活上の相互の行き違いやちぐはぐさがみごとに描かれていて、長いあいだ転形劇場の舞台をみてきたわたしには、ああ、この硬く、ぎこちない演技が大杉さんの真骨頂なんだよなと思えて、ほっとした。
 わたしたち一般視聴者は、現在のTVドラマ作製の時代的な趨勢や作り方の詳細はわかりようがないが、台本作家たちが苦労していることは予想がつく。メインのストーリーは、誰が作ったところで現在の行き詰まった社会では天井がもう見えいるから作りようがない。とすると、脇のストーリーに、台本作家はじぶんの生活実感や固有の感受性を流露するしかない。また実際に現在のTV作家たちは、そこにいると思える。そして、その部分だけは、<終わり方>が見えている現在のスリラーの謎解きから解き放たれて、一般視聴者はじぶんの生活感性を自由に遊行させることができる。
 
 わたしの知らないあいだに、大杉さんは、馬の眼さえ抜くような芸能界で、だれでもが立つことが困難なそんな特異の<場所・役>に立つことを自力で獲得した。大変な苦労があったことだろうと推察する。わたしには、ひとがいうように演技など上手くなる必要などどこにもない。もちろん、巧いに越したことはないが、それは<濾したことがない程度>のことだ。演技(表現)者そのひとの人となりの篤さと深さ、そして矛盾し孤立し揺れ動く心を、そのひとなりに精一杯流露させることができれば、視聴者としては我が身を省みるようで愉しいのだ。現在の生活者=視聴者は、ちゃんと眼を持っている。
 
 2018年3月17日(土)に放映されたNHKスペシャル『メルトダウンFile.07 AI徹底分析 原発事故全記録』で、大杉さんは吉田昌郎所長役を演じた。大杉さんの表情、演技は、「パートタイム探偵」にくらべ一段と深まりが増していた。極端いいかたをしてしまえば、彼はもう<役>を演じていなかった。原発事故を、本当に怒り、恐怖し、おののき、困惑し、じぶんの<声>と<表情>で<普通の一生活者>の吉田昌郎所長役を演じていた。声の奥行きが一段と増していた。役を演じるという意識をも解体していた。<力価>とでもいう力(演)の場所を、彼は実に開放的に作りだしはじめていた。これからというときに、彼の死は残念で仕方がない。なぜなら、彼がだれにでもやってくる老齢にどう反撥して、どのように馴染んでゆくのか、それに挑む彼の姿が見たかった。
 
 最後に、大杉漣さんとはたった一度だけの短いお付き合いだったが、大杉さんがこんな話をしてくれた。「芝居では生活ができない。マイナーな映画でもどんどん出て生活を立て直し、それがダメだったら田舎へ帰ろうと思ってます。」と。
 大杉さんは、演技の極限の一形態を見せてくれた俳優さんで、それは転形劇場の故太田省吾さんの導きもたぶんにあったと思われるが、彼自身が彼自身を途を切り開いていったのだ。大杉さんは、わたしたちの心に残る誠実で、不器用で、滑稽で、哀しい俳優(表現者)さんで、俳優として稀有な光を現在に向けて放っていた。彼の写真を見るたびに、わたしの心のなかでは、「また散ったか」と淋しい風がまだ吹きはじめる。
 大杉漣さん、あなたの映像に刻んだ演技から、演技者たちはなにに向かって演技をしたらよいのか、その一典型を見るこができました。とても励みになりました。
 
 合掌。  
 

日付:2018年6月20日

   大杉漣さんの出演している韓国映画「隻眼の虎」をみてわかったこと。

 

隻眼の虎

韓国映画「隻眼の虎」2016年。監督:パク・フンジョン、脚本:パク・フンジョン。出演:チェ・ミンシク、大杉漣、他。  

 

 
 俳優:高倉健さんが亡くなる少し前に、2回にわたるNHKの単独インタビューを受けて、映画、演技、じぶんの子供時代、現在の映画について話をしていたのをいまでも憶えている。そのなかで心に残る話をいくつかしていた。そのひとつに『フィルムに心なんか映るわけがないんだ、どう考えたった。でも映画をみてみると不思議なことに心がちゃんと映ってるんだよね』、と。
 これは、わたしだけの固有の大杉漣への思い込みだが、大杉さんは、俳優の平田満さんに連なる系譜の俳優さんで、彼もまた<ヘタウマ・人格派>の俳優さんであった、と思っている。そんなことをいうと、三途の川の川辺あたりの競技場で思う存分にサッカーに興じている大杉さんは『ヘタウマ!』と、いきなり怒り出すかもしれないが、ま、怒らないで、わたしの話はすぐ終わるので聴いて欲しい。その<ヘタウマ・人格派>の系譜に名優・高倉健さんを入れてもいいとわたしは考えている。心というか人柄がボーッと映ってるんです、その三人の映像には。
 たとえば<演技・技巧派>の俳優さんは現在の日本では誰かというと、TVで大活躍の橋爪功さんであり、いま世界を股にかけて活躍しておられる渡辺謙さんあたりだ。もちろん、<ヘタウマ・人格派>、<演技・技巧派>に甲乙などない。世の中に<演技・技巧派>サラリーマンばかりでは嫌味な社会に決まっているし、<ヘタウマ・人格派>ばかりのひとでいっぱいになると、やはり困った社会になるだろう。両方いるのが丁度いい、そんな程度の話だ。
 
 大杉さんの芝居(映像演技)をみていると、このひとはどんなキャラクター(character)やシチュエーション(situation)であっても、変化球など投げず直球勝負を選択するしかオレにはないんだという気持ちが、彼の身体、音声表出からじかに伝わってくる感じがするからだ。
 違ういい方をしてみる。大杉さんは、じぶんの芸能者としての演技表現のくだらなさと厳しさ、圧倒的な抑圧感を、どのように考え、審問していたのだろうか。
 大杉さんは、現在、スパーでいま大根が値段がどれくらいなのか、電車の初乗り運賃がいくらか、新宿のどこへ行けば美味しいラーメンが食べられるのか、なぜ下町から銭湯が無くなるようでなかなか無くならないのか、新鮮なキュウリの撰ぶコツはトゲトゲにある等の一般大衆の生活地平をみずからの芸能的な演技表現を判断する審問官にしていた。大杉さんは、サッカーボールを真剣に蹴るみたいに心と身体を真剣にカメラの前に張り出す、それ以外の演技概念は「世渡り程度」には身につけていたが、ほんとうは必要なかったのではないか。なぜなら、彼の、誰にでも判るような素人みたいな怒鳴り声に含まれるの謎や、彼の表情の不変性はそうでも考えないどうしても解けない。
 
 そして、そんな彼が怒鳴り声を出して出演している外国映画のDVDを借りてきて見た。
 韓国映画「隻眼(せきがん)の虎」2016年。監督:パク・フンジョン、脚本:パク・フンジョン。
 出演:チェ・ミンシク、チョン・マンシク、キム・サンホ、チョン・ソグォン、ソン・ユビン、大杉漣、他。
 1925年の日本統治下にあった朝鮮を舞台に、一度は引退した猟師が“山の神”と恐れられる巨大な隻眼の虎と繰り広げる死闘を描いている動物と人間との切ない関わりのファンタジー映画だ。大杉さんは、日本軍のお偉いサン「閣下」を演じていて、隻眼の虎を捕獲するように朝鮮の猟師たちに命じる。
 わたしはこのファンタジー映画でも、ケレン味のない彼の演技には好感を抱いた。
 
 You Tubeで予告編を見ることができます。    ★ GO!
 
 映画の感想を問われれば、キツネ、犬、猫、虎でもいい、動物と老人、子供が活躍する映画には、誰でもがやはり泪を誘われてしまうものなのだろうか。動物は、痛いも痒いも喋らないからね。
 
 
 【 追 補 】
 
 上のメモを書いているとき、家人が録画したTVの2時間ドラマの再放送『負け組法律事務所 2015年、テレビ東京「水曜ミステリー9」』をみた。主人公は「ホンジャマカ」の石塚英彦さんで弁護士役、大杉さんは、三重県伊勢市で「負け弁」と呼ばれる事務所の所長役で出演していた。
 ドラマの内容も大袈裟なものではなくいわば生活ドラマで、リズムもノンビリしていて見やすかった。主役俳優としての石塚英彦さんも落ち着いて演技をしいてよかったし、大杉さんの好好爺的な役柄を演じているのをはじめてみたが、笑顔のなかでもチラリと見せる直行する真剣な眼差し(演技ではない眼差し)は、やはりいいと思った。
 大杉さんは「300の顔を持つ男」という俳優さんだと書かれている記事をみたが、ほんとはそんなに多くの役柄を高水準で演じることのできる俳優さんなんて世界中どこを探してもいない。俳優さんは、生涯を通してじぶんという役柄を必死でこなしているだけだし、背負わされた宿命をじぶんの病いとして生涯を賭して慰撫しているだけだと思う。
 大杉さんは、もっともっとみたい俳優さんだった。
 お疲れ様でした。