日付:2018年6月2日 

 ★~ 第三回 荒川区とその周辺の製麺所をママチャリで探してみた(4)

 

冷やしたぬきうどん

スーパーのライフで売っているカトキチの冷凍うどんの冷やしたぬき。柔らか過ぎず、硬すぎず出で美味しい。   

 

 
  ★ 十一軒目 【三松☆三河島店】へ行ってみた 
 
 
三松 三河島店左寄せの画像 ☆ 食べた日:2018年5月30日
☆ 食べたそば:天ぷらそば(¥390)
☆ 所在地:荒川区西日暮里1-6-8
☆ 目印メモ:JR「三河島」駅の改札口
  を出てすぐ左に交番、その横にある。
☆ 営業時間:毎日早朝6時30分~21時
  休業日はわかりません。
☆ メニュー:トンカツ定食\550
  アジフライ定食\500とろろ定食\450
  冷や奴??? 冷やし中華\680
  壁に貼られた多彩な定食メニュー
  そばの値段はすべて忘れました。
 ★ネットの情報等では「かけ\250」と書い
  てあるが、現在の値段とは違う。
 
 
 
 「佐奈田堂」さんのご意見から、
 
    天ぷら(掻き揚げ)が意外と白く、そしていい感じに汁を吸います
    味については、世の中にはやはりこの手が好きな方が案外いて、
    それぞれのブログで分析されているので、ここでは特に深くは触れませんが、
    個人的にはまぁーソレナリって感じでw
    多分蕎麦粉は1割も入ってないんじゃないかな、蕎麦風味の冷や麦のような麺です
    汁はササヤカに旨いって感じですね
    でもここは、何よりお店の場末臭がイカしてます!
    一体いつごろからやっているのか解らない年期がそこかしこに感じられる店内!
    お店のオバチャン二人もワリと無愛想でステキだー!
    まるで海外SFモノに出てくるような雰囲気(´∀`)
    更に場所がコリアンタウンの三河島駅界隈というだけあり、
    その独特の裏さびれた空気も、味に一役買っているんではないでしょうかね
 
 
 「軽み」があって美味しかった【 かみむら 】は京成線「新三河島」駅近、今回はJR「三河島(2016年:1日の平均乗車人数11,093人)駅近の【 三松 】。期待を膨らませる
 昼飯時に店に入ってしまったので、店内は7人~8人のお客さんで混んでいた。客は近所の商店主や建築現場で働くおじさんさんたち。おじささんたちは、中瓶ビールを四人がけのテーブルで美味しそうに呑んでいる。カウンターはすべてイス席で10席ほど、4人がけのテーブルが2つ。店内は意外と広い。店員は白髪短髪のおばさんで、汗を額に浮かべながら一人で客たちの注文をこなしている。調理場はガス台や天ぷら鍋、カレー粉や調理し終わったばかりのフライパン、茹でそば等で混み合って火事場の騒ぎ。期待できるかもしれない。
 カウンターの端に坐ったが、隣りの若い男性客は豚肉のショウガ焼き定食を食べている。壁を見ると、一面に貼られた手書きのメニュの多彩さに少し気をとられた。そば・うどんはもちろん、ラーメン、さまざまなご飯ものの定食、酒のつまみまで書いてある。かき揚げ天ぷらそばを注文した。
 先のお客さんたちの注文がたくさんあってちょっと待たされたが、出されたかき揚げ天そばは可もなく不可もない合格点の70点の味! そば・汁・天ぷら、すべてライトな感じでOKで、「この味を提供してくれているのだから、難をいえば……」などといってはいけないと思う。
 隣りのショウガ焼き定食の若い男性が食事が終え立ち上がったとき、「思った味と違っちゃった? ごめんね」と小母さんが声をかけていた。ここは「立ち喰いそば屋」さんというより、むしろ町なかの定食屋さんみたいなもんなんだ、客はそんな認識でこの店の暖簾をくぐるのだろう。
 
 ここまできて当たり前のことに気がついた。そばの味の吟味だけでいいはすなのに(吟味にもなっていないが)でいいのに、店の雰囲気、店員さんの感じ、店に漂っている空気感、なぜ書き手は、それらの記述をそばの味と同等に必要不可欠となぜ感じるのだろうか?
 
 店を出ると、JR「三河島」駅のすぐ隣りに、佃島に建っているような高層マンションが、平屋建て町に場違いみたいに建っている。なぜか平屋の町並みと高層マンションの風景がいい感じに映った。
 JR「三河島」駅周辺は、確かにミニ・コリアン・タウンの様相で、荒川区の焼き肉屋通りだった。
 
 
 
  ★ 十三軒目 地元町屋の【 有限会社 善當製麺所 】へ食べに行った
 
 
善當製麺所 ☆ 食べた日:2018年5月29日
☆ 食べたそば:天ぷらそば \410
☆ 所在地:荒川区町屋3-22-2
☆ 目印メモ:住宅街の中にあるので
  見つけにくい。尾竹橋通りの荒木
  田交差点近くのコモディ・イイダ
  が目印。GoogleのGPS機能必携。
☆ 営業時間:毎日早朝6時~18時
  日祭日:休み
☆ メニュー:かけそば\300
  天ぷらそば\410
 
 
 「佐奈田堂」さんのご意見から、
 
    ここは製麺所直営のお店なんですが、
    ・・・なんというか、蕎麦の香りが全くしないなぁ、
    そして湿気た作りおきの天ぷら類や、そもそもの蕎麦自体の、
    妙な柔らかさが気になります
    単に茹で過ぎなんじゃね? マジで(;´∀`)
    値段は、ガテンで下町な荒川区にしては高めですね、
    これで味が文句なければいいんですけどね
 
 
 15年ほど前に住んでいた荒川区東尾久6丁目から善當製麺所はそう遠くない場所にあるはずなんだが、隣の町の町屋3丁目に製麺所直営の立ち喰いそば屋さんがあるなんてまったく知らなかった。何度も地図を見返してお店を探したが【浜田屋】さんと同様に住宅街の中にあるので、ちょっと見つけにくかった。GoogleのGPS機能を使った方がてっとり早い。
 
 「佐奈田堂」さんの仰せの通り。【有限会社 善當製麺所】のかき揚げ天そば、わたしも同感でした。<製麺所>というからかなり期待して臨んで行ったんですが、これからの<製麺所>巡りになんとなく暗雲が立ちこめてきた感じがした。
 オレも、「佐奈田堂」さんは、言いにくいことをズバッとはっきり言わなくてはレポートにもなんにもなりえない。「佐奈田堂」さんのレポートの背後には、一般客の立ち喰いそばに対する<沈黙の声・沈黙の視線>がひかえているからだ。
 
 「夏目漱石論」で有名な、1999年7月に自殺した故江藤淳さんは、漱石の奥さんの鏡子さんを「人殺し」だと書いている。鏡子さんは、漱石が激高して子供たちや鏡子さんに無茶なことをいったり手を挙げたりする前に、顔が赤黒くなる兆候を永年連れ添って心得ていたので、そんなときは食事に少量のヒ素を潜ませて漱石に出していたらしい。江藤さんは、それは『緩慢な人殺し』じゃないのかと書いている。江藤淳さんは死の間際まで筆を緩めてはいない。
 
 【 有限会社 善當製麺所 】そばの味……、
 ・そば  硬いんだけど柔らかく歯ごたえなし。妙な食感。
 ・汁  出汁の香りをほのかに舌で感じたかな。
 ・かき揚げ  六枚切りの食パンみたいに小麦粉が厚く、汁に溶けにくい。
 ・かき揚げ天ぷら、汁、そば、三点、特筆すべきもの無し。満足感無し。そして値段も高い!
 ・同じ「町屋」の立ち喰いそばなら、京成線・千代田線の町屋駅前の【八起そば】を食べる。
 
 一般論だが、<美味しい>から、だれでもが<好き>になるわけではない。<不味い>から、だれでもが<嫌い>になるわけではない。<美味し>くても<好きになれない>し、<不味>くても<好き>になる場合もある。そういう個人的な傾向の問題としての思いや嗜好ではなく、だれが食べても『まあまあ食べられるね』という味の一般的な<水準(=味の文化的な水準)>はあるはずだ。
 永年にわたってそばの<そばの味>の修練を積んできたそば職人さんの第一目の修練は、<味の一般的な水準>を了解しその域に到達し、それを個別に乗り越えてゆくことではないのか。
 わたしは、日暮里の【一由そば】、【六文そば-2号店】のかき揚げ天そばはハッキリいって個人的には<不味い>思う。だが<嫌>ではない。むしろ好きになりはじめている。そこには職人(店員)さんたちの抜き差しならないそば作りに対する気概のようなものと冒険心を感じるし、それが客を呼ぶ力になっている。
 【有限会社 善當製麺所】の立ち喰いそばには、わたし固有の意見だが、大いに落胆した。
 それと余分なことだが、特にいけなかったのは高齢の女店員さんの接客態度だった。わたしのようなすれっからしの一回限りの客だからかもしれないが、店員の小母さんの瞬間の<排他>の表情を客を見逃さない。客はそばの味よりその態度に深く白けてしまう。客商売は難しいですね。
 食べる方も、創る方も、自戒しなくてはならない。


 7月中旬から8月の中旬まで、立ち喰いそば屋さん巡りは中止です。
 過酷な猛暑・酷暑のなかでのママチャリ立ち喰いそば屋さん巡りは困難です。
 もう少し涼しくなったら再開します。では!