日付:2018年6月2日 

 ★~ 第三回 荒川区とその周辺の製麺所をママチャリで探してみた(4)

 

冷やしたぬきうどん

スーパーのライフの冷凍うどんの冷やしたぬき。柔らか過ぎず、硬すぎずで、美味しい。   

 

 
  ★ 十一軒目 【三松☆三河島店】へ行ってみた 
 
 
三松 三河島店左寄せの画像 ☆ 食べた日:2018年5月30日
☆ 食べたそば:天ぷらそば(¥390)
☆ 所在地:荒川区西日暮里1-6-8
☆ 目印メモ:JR「三河島」駅の改札口
  を出てすぐ左に交番、その横にある。
☆ 営業時間:毎日早朝6時30分~21時
  休業日はわかりません。
☆ メニュー:トンカツ定食\550
  アジフライ定食\500とろろ定食\450
  冷や奴??? 冷やし中華\680
  壁に貼られた多彩な定食メニュー
  そばの値段はすべて忘れました。
 ★ネットの情報等では「かけ\250」と書い
  てあるが、現在の値段とは違う。
 
 
 
 「佐奈田堂」さんのご意見から、
 
    天ぷら(掻き揚げ)が意外と白く、そしていい感じに汁を吸います
    味については、世の中にはやはりこの手が好きな方が案外いて、
    それぞれのブログで分析されているので、ここでは特に深くは触れませんが、
    個人的にはまぁーソレナリって感じでw
    多分蕎麦粉は1割も入ってないんじゃないかな、蕎麦風味の冷や麦のような麺です
    汁はササヤカに旨いって感じですね
    でもここは、何よりお店の場末臭がイカしてます!
    一体いつごろからやっているのか解らない年期がそこかしこに感じられる店内!
    お店のオバチャン二人もワリと無愛想でステキだー!
    まるで海外SFモノに出てくるような雰囲気(´∀`)
    更に場所がコリアンタウンの三河島駅界隈というだけあり、
    その独特の裏さびれた空気も、味に一役買っているんではないでしょうかね
 
 
 「軽み」があって美味しかった【 かみむら 】は京成線「新三河島」駅近、今回はJR「三河島(2016年:1日の平均乗車人数11,093人)駅近の【 三松 】。期待を膨らませる
 昼飯時に店に入ってしまったので、店内は7人~8人のお客さんで混んでいた。客は近所の商店主や建築現場で働くおじさんさんたち。おじささんたちは、中瓶ビールを四人がけのテーブルで美味しそうに呑んでいる。カウンターはすべてイス席で10席ほど、4人がけのテーブルが2つ。店内は意外と広い。店員は白髪短髪のおばさんで、汗を額に浮かべながら一人で客たちの注文をこなしている。調理場はガス台や天ぷら鍋、カレー粉や調理し終わったばかりのフライパン、茹でそば等で混み合って火事場の騒ぎ。期待できるかもしれない。
 カウンターの端に坐ったが、隣りの若い男性客は豚肉のショウガ焼き定食を食べている。壁を見ると、一面に貼られた手書きのメニュの多彩さに少し気をとられた。そば・うどんはもちろん、ラーメン、さまざまなご飯ものの定食、酒のつまみまで書いてある。かき揚げ天ぷらそばを注文した。
 先のお客さんたちの注文がたくさんあってちょっと待たされたが、出されたかき揚げ天そばは可もなく不可もない合格点の70点の味! そば・汁・天ぷら、すべてライトな感じでOKで、「この味を提供してくれているのだから、難をいえば……」などといってはいけないと思う。
 隣りのショウガ焼き定食の若い男性が食事が終え立ち上がったとき、「思った味と違っちゃった? ごめんね」と小母さんが声をかけていた。ここは「立ち喰いそば屋」さんというより、むしろ町なかの定食屋さんみたいなもんなんだ、客はそんな認識でこの店の暖簾をくぐるのだろう。
 
 ここまできて当たり前のことに気がついた。そばの味の吟味だけでいいはすなのに(吟味にもなっていないが)でいいのに、店の雰囲気、店員さんの感じ、店に漂っている空気感、なぜ書き手は、それらの記述をそばの味と同等に必要不可欠となぜ感じるのだろうか?
 
 店を出ると、JR「三河島」駅のすぐ隣りに、佃島に建っているような高層マンションが、平屋建て町に場違いみたいに建っている。なぜか平屋の町並みと高層マンションの風景がいい感じに映った。
 JR「三河島」駅周辺は、確かにミニ・コリアン・タウンの様相で、荒川区の焼き肉屋通りだった。
 
 
 
  ★ 十二軒目 地元町屋の【 有限会社 善當製麺所 】へ食べに行った
 
 
善當製麺所 ☆ 食べた日:2018年5月29日
☆ 食べたそば:天ぷらそば \410
☆ 所在地:荒川区町屋3-22-2
☆ 目印メモ:住宅街の中にあるので
  見つけにくい。尾竹橋通りの荒木
  田交差点近くのコモディ・イイダ
  が目印。GoogleのGPS機能必携。
☆ 営業時間:毎日早朝6時~18時
  日祭日:休み
☆ メニュー:かけそば\300
  天ぷらそば\410
 
 
 「佐奈田堂」さんのご意見から、
 
    ここは製麺所直営のお店なんですが、
    ・・・なんというか、蕎麦の香りが全くしないなぁ、
    そして湿気た作りおきの天ぷら類や、そもそもの蕎麦自体の、
    妙な柔らかさが気になります
    単に茹で過ぎなんじゃね? マジで(;´∀`)
    値段は、ガテンで下町な荒川区にしては高めですね、
    これで味が文句なければいいんですけどね
 
 
 15年ほど前に住んでいた荒川区東尾久6丁目から善當製麺所はそう遠くない場所にあるはずなんだが、隣の町の町屋3丁目に製麺所直営の立ち喰いそば屋さんがあるなんてまったく知らなかった。何度も地図を見返してお店を探したが【浜田屋】さんと同様に住宅街の中にあるので、ちょっと見つけにくかった。GoogleのGPS機能を使った方がてっとり早い。
 
 「佐奈田堂」さんの仰せの通り。【有限会社 善當製麺所】のかき揚げ天そば、わたしも同感でした。<製麺所>というからかなり期待して臨んだんですが、これからの<製麺所>巡りになんとなく暗雲が立ちこめてきた感じがした。
 オレも、「佐奈田堂」さんは、言いにくいことをズバッとはっきり言わなくてはレポートにもなんにもなりえない。「佐奈田堂」さんのレポートの背後には、一般客の立ち喰いそばに対する<沈黙の声・沈黙の視線>がひかえているからだ。
 
 「夏目漱石論」で有名な、1999年7月に自殺した故江藤淳さんは、漱石の奥さんの鏡子さんを「人殺し」だと書いている。鏡子さんは、漱石が激高して子供たちや鏡子さんに無茶なことをいったり手を挙げたりする前に、顔が赤黒くなる兆候を永年連れ添って心得ていたので、そんなときは食事に少量のヒ素を潜ませて漱石に出していたらしい。江藤さんは、それは『緩慢な人殺し』じゃないのかと書いている。江藤淳さんは死の間際まで筆を緩めてはいない。
 
 【 有限会社 善當製麺所 】そばの味……、
 ・そば  硬いんだけど柔らかく歯ごたえなし。妙な食感。
 ・汁  出汁の香りをほのかに舌で感じたかな。
 ・かき揚げ  六枚切りの食パンみたいに小麦粉が厚く、汁に溶けにくい。
 ・かき揚げ天ぷら、汁、そば、三点、特筆すべきもの無し。満足感無し。そして値段も高い!
 ・同じ「町屋」の立ち喰いそばなら、京成線・千代田線の町屋駅前の【八起そば】を食べる。
 
 一般論だが、<美味しい>から、だれでもが<好き>になるわけではない。<不味い>から、だれでもが<嫌い>になるわけではない。<美味し>くても<好きになれない>し、<不味>くても<好き>になる場合もある。そういう個人的な傾向の問題としての思いや嗜好ではなく、だれが食べても『まあまあ食べられるね』という味の一般的な<水準(=味の文化的な水準)>はあるはずだ。
 永年にわたってそばの<そばの味>の修練を積んできたそば職人さんの第一目の修練は、<味の一般的な水準>を了解しその域に到達し、それを個別に乗り越えて次の技術の飽和に向かう。
 わたしは、日暮里の【一由そば】、【六文そば-2号店】のかき揚げ天そばはハッキリいって個人的には<不味い>思う。だが<嫌>ではない。むしろ好きになりはじめている。そこには職人(店員)さんたちの抜き差しならないそば作りに対する気概のようなものと冒険心を感じるし、それが客を呼ぶ力になっている。
 【有限会社 善當製麺所】の立ち喰いそばには、わたし固有の意見だが、大いに落胆した。
 それと余分なことだが、特にいけなかったのは高齢の女店員さんの接客態度だった。わたしのようなすれっからしの一回限りの客だからかもしれないが、店員の小母さんの瞬間の<排他>の表情を客を見逃さない。客はそばの味をより削いでしまう接客態度に深く白けてしまう。客商売は難しいですネ。
 食べる方も、作る方も、自戒しなくては……、
 
 
   ********************   ********************   ********************
 
 
 7月中旬から8月いっぱい、立ち喰いそば屋さん巡りは中止しました。
 過酷な猛暑・酷暑のなかでのママチャリ立ち喰いそば屋さん巡りは困難です。
 10月になって、涼しい風が吹くようになったら再開します。
 
 
     気まぐれな秋の雲のような文章      「用途の無い文章」

 わたしがいままで書いてきた芝居について感想文や芝居の上演台本は使用性、つまり使い道=「用途」性がありますが、今度の「立ち喰いそば巡り」や「めんつゆ作り」等の文章は使用性=「用途」(~なになにのために)はまったくありません。それどころか誰にも読んでもらえないことを覚悟のうえで書きはじめ、終わろうとしています。
 「用途の無い文章」、誰にも読んでももらえない文章を、なぜ書くのか。純粋に「立ち喰いそば巡り」が愉しいからで、またその時に感じたそばの食感やそば屋さんの雰囲気をどのように文章化するかを考えるのが少しも苦にならず、遊べたからです。それに誰も読まれていないなら世間の事情なんてまったく関係なく、じぶんの感じたまま、思った通りの本当の事を言ってしまってもいいと考えたからです。
 書くことにまつわるこんな体験は、実に久しぶりの体験で、高校生の時に書いた夏休みの読書感想文以来のことではないかと思います。文章の論理的構成のなさ、文章の技巧のなさ、文章の拙さもまったく平気でじぶんなり受け入れて書いてきました。
 こうした「用途の無い文章」という言葉を「用途の無い芝居」と飛躍させてみます。
 すると「用途の無い芝居」という言葉は、来年の初夏にやろうと思っている芝居の基本的な思念のイメージにピッタと合致してくる気がしれいます。「使用価値」などまったく無いのが、しかし「交換価値」なら探せばどこかの隅にほんの少しはあるかもしれない。そんな感じの舞台をつくれればと思っています。もちろん、具体的にはまだなに一つ芝居について考えていませんがネ。
 でも、半世紀ほど前にみた早稲田小劇場の「劇的なるものをめぐって・シリーズ」、故太田省吾さんの「小町風伝」、故金杉忠男の「原っぱ・シリーズ」これらわたしが深く愛惜してやまない名作たちはすべて「用途の無い芝居」だったような気がします。「(~なになにのために)使用価値」などまったく消して、しかし「交換価値」への志だけは高かったような気がします。
 
 
 9月も中旬を過ぎ、秋雨前線が停滞して、20度を切る夜が出てきて、気がつくと秋の虫も鳴き始めている。愉しくちまちまとした立ち喰いそば巡りでも再開しようか。
 
 
   ********************   ********************   ********************
 
 
 
  ★ 十三軒目 日暮里駅前の【 おがわ屋 】へ食べに行く
 
 
おがわ屋 ☆ 食べた日:2018年9月17日
☆ 食べたそば:かけうどん \380
☆ 所在地:東日暮里5-50-11 林ビル1F
☆ 目印メモ:日暮里駅を背にしてバス
  ターミナルの右へ移動。おがわ屋は
  ホテルラングウッドの裏通りに。
☆ 名物メモ:うどん専門店。
☆ 営業時間:毎日早朝7時~20時。
☆ 日曜日:休み
☆ メニュー:うどん=かけ・もり=\380
  汁無し(醤油)うどん\360(そばも同)
  カウンターには、無料の天かす等、
  昼食用のセットもの多数あり。
 
 「佐奈田堂」さんのご意見から、
 
 
    小奇麗な店内で、店員さん達はファミレスのような安心できる対応、
    ここには立ち食いそば屋(路地蕎麦)独特の、
    黄昏感や殺伐とした空気などはありません、
    万人が安心して食べれるカウンターそばのお店ですwww
    そばは、モチモチ感がある細麺で、喉腰がよく、
    汁も醤油ベースの薄味系ですが出汁が上品に効いたもので、口当たりはよいですねー
    天ぷらも、野菜などの具が多く、油が良いのかサラッとカラッと揚げられています、
    駅そば系でありがちな小麦粉で嵩上げされ、
    さらに質の悪い油のせいか胃に重いようなモノとは別モノで、
    スタートラインからして品格が違いますw
    何よりとってもヘルシーな感じ(ノ´∀`*)
    おがわ屋に通ってると、もれなく健康になれそうな予感がしますw
    これなら、女性お一人様でも安心して入れますね(^ω^)
 
 
 「佐奈田堂」さんのご指摘の通り、立ち喰いそば屋さんというよりファミレス風のうどん屋さんでした。
 本店の外観にも「ここは、うどん屋さん」だなァと思える看板や品書きがあったので、では「たぬきうどん」で決まりと思ったのだが、カウンターに無料の<天かす>が置いてあるのが見え、そういうことならと一番安い「かけうどん」注文しました。
 
   ・値段構成は、かけ(もり)うどん(そば)=小\240、中\380、大\520
   ・(出汁)醤油うどん=小\220、中\360、大\500
 
 うどん屋さんにはまったく馴染みがないので、想像でしかいえないが「醤油うどん」とは、出てきた汁無しうどんへ、テーブルに置かれているの醤油や出汁醤油をかけて食べるのではないか、と。  
 で、問題のおがわ屋さんのうどんの味はどうだったかというと、14時過ぎの暇な時間を見計らって行ったのですが、「美味いとしか言えない」微妙な味でした。
 調理場、カウンターはとてもキレイで、調理してくれる小母さんたちも揃いのユニホームで応対も親切。その奇妙な明るさに少したじろぐ。
 うどん(麺)は、ほとんどの立ち喰いそば屋さんが使用している蒸しうどんではなく、生うどん(麺)を湯がいている感じでありがたい。またうどんは(中)を注文したのだが、これは普通の立ち喰いそば屋さんの大盛り(並の1.5倍)を超えるくらいの量があり、わたしのような胃の弱い人間や小食の女性なら(小)で充分じゃないかと思われる量でした。
 問題は出汁で、正直いって美味しいには美味しいのだが、なんとなく出汁の塩分が少し強すぎて出、出汁の尖った感(出汁が一人歩きしているような感じ)が印象に残り、そこが気になりました。
 
 この問題に素人の身だが、少し立ち入ってみたい。自家の昼飯に毎日のようにそば・うどん・ラーメンの代わりばんこで麺類を食べるのだが、やはり出汁の問題はいっこうに解決できていない。
 もりやざるそばのめんつゆは、自家でかえしを作り、昆布・鰹節・鯖節等で作っている。どんぶりもののかけ・たぬきそばは面倒なので顆粒の化学調味料を使ってめんつゆを作っている。市販のめんつゆはどうしても、あの甘さが嫌で使用していない。昆布や鰹節・鯖節等から摂る出汁と化学調味料で摂る出汁の味覚上の差異は、確かに愕然とある。化学調味料で摂る出汁は、昆布や鰹節・鯖節等で摂る出汁に比べて、味に深みと拡がりの柔軟性のようなもが欠如している。「それらしい」味になるだけで、やはり物足りない白けた感じがする。これは、素人の台所調理人であるわたしの化学調味料の選択や量の問題、また総合的な調理の未熟度の問題に帰着する。
 いいかえれば、どんな化学調味料を撰ぶのかその選択眼、そして調理の高度で総合的なセンスの持ち主であれば、現行の昆布・鰹節・鯖節等で作る味に匹敵するめんつゆを作れないこともないのではないか。あるいは作れないとしても、昆布・鰹節・鯖節等で作る味とから独立・自立し、昆布・鰹節・鯖節等とはまったく違った独自性のある深みと拡がりの柔軟性をもった味を作りだすことは可能なんじゃないだろうか。それくらいは、化学の進歩を信頼してもいいのではないか。
 わたしは、現行の立ち喰いそば屋さんたちが、化学調味料と昆布・鰹節・鯖節等の巧みな混合作業で、店に出すそば・うどんのめんつゆを作りだしているに違いないと考えている。もちろん、これはわたしの素人の台所調理人の無知な類推に過ぎないから主張はしない。
 しかし、この出汁の問題は、現在の世知辛い世の中で立ち喰いそば屋さん営んでいる経営者たちが同様に抱え込んでいる内在的な問題に思える。そばやうどんを約¥300~\350前後の安価で販売せざるをえない立ち喰いそば屋さんの抱えている味と台所事情のバランスの問題となってあらわれるいるのだろう。
 現在のところ、こうした化学調味料と昆布・鰹節・鯖節等で摂る出汁の味を更なる味へ上向的に転位させる力を持っている有資格者は、時間の節約と食材の経済に悩みながら毎日食事を作り続けてくれている家庭の主婦と、同様の問題を悩んみながら安価な値段でそばを販売している立ち喰いそば屋さん(と、当然のことながら製造メーカー)ではないだろうか。期待したい。
 
 最後に【おがわ屋】さんの「かけうどん」の価格の問題だが、\380ではなく、\320にならないだろうか。\320になれば、もっと気軽におがわ屋を理由するひとが増えるとおもう。素人が考えるようにいくわけないのだ、現在のおがわ屋の味と量、サービスを落とさずに「かけうどん=\320」になれば、おがわ屋旋風とまではいかないかもしれないが、日暮里界隈はおろか東京の立ち喰いそば屋界隈全体にそれなりの波紋を起こすことは間違いないだろう。でも、ま、うどんの(小)が\240なら、小食の女性のひとたちには、気軽に入ることのできる値段というわけか。
 うどんの種類が(わたしには判らない食べ方)豊富にあり、うどん好きは一度試してみてもいいのではないか。
 だが天かすは無料だから、たぬきうどん\380がと思えば、安価なほうか。
 
 
 
  ★ 十四軒目 日暮里【 仲屋製麺所 】へ食べに行く
 
 
仲屋製麺所 ☆ 食べた日:2018年9月25日
☆ 食べたそば:かき揚げ天ほそうどん \420
☆ 所在地:荒川区西日暮里2-13-1
☆ 目印メモ:日暮里繊維街近くの住宅街の
  中にあるのでちょっと見つけにくい。
☆ 名物メモ:ひもかわうどん、細うどん等、
  珍しいうどんが食べられる。
  スマホののGPS機能があると便利。
☆ 営業時間:毎日早朝7時~14時
  昼の2時で閉店注意! 日祭日:休み
☆ メニュー:そば・うどん・細うどん・ひもかわ
  かけで\300、かき揚げ天\420、五目\500
☆ 初めて訪ねたときは15時を過ぎていたので
  食べられず、写真だけ撮ってきました。
 
 
 「佐奈田堂」さんのご意見から、
 
 
    ここは、製麺所直営のお店です
    しかし下町荒川区にしては、強気な値段設定(´∀`)
    特筆したものは、、ブッチャケないんではないかな
    製麺所直営とは言いながら、蕎麦も汁も揚げ物も特に美味しいというほどでもなく・・
    あ! 余所より高めというとこが特徴かな(;´∀`)
    まーでも味からいうと、もっと安くても・・・(ゲフンゲフン
    インターネット上の噂を見る限り、
    ここは細うどんやきしめんも作って出しているお店だそうで、
    そちらの評判が高いようです
    多分そっちがメインで、蕎麦はあまり力を入れてないのかもですね(´・ω・`)
    お店の外観は、なんか雰囲気あって好きです( ^,_ゝ^;)
 
 
 二度目の訪問で、かき揚げ天の細うどんを食べてきた。
 お店はイス席はなくすべって立食、8~10人ぐらいのスペースでいっぱい、掃除は行き届いていてキレイなお店。カウンターで働いている調理人さんは、たぶん、この店の奥様だと思います。
 細うどんがカウンターに置かれて食べようとして割り箸をとったとき調理人さんがあわててが「……アッ、すいません。ネギ切れてまして、いますぐ切りますから……」、奥から長ねぎを一本取り出し、薬味に切ってくれて、小皿にこんもりと出してくれた。奥さんの対応の素早さと、あわて振りがとても感じがよかった。いいんです。立ち喰いそばなんだから、なんだってアリです。そんなにあわてないでください。
 で、細うどんの味はどうだったかというと、細うどんらしくほとんど歯ごたえがなかった。乾麺の冷や麦を煮過ぎ柔らかくしてしまった感じ。やはりそばを注文すればよかったのだ。天ぷらは柔らかく、めんつゆは立ち喰いそばにしては熱いほうで、最後まで食べなければでなければ汁は呑み込めない温度だ。味もまあまあ。これは、日暮里特有の家庭の味だ。総合評価でいえば、可もなく不可もない。
 製麺所直営ということで、佐奈田堂さんのご指摘通り「ここは細うどんやきしめんも作って出しているお店だそうで、そちらの評判が高いようです」、細うどんを食べているとき、近所のお婆さんだと思うが暖簾をあけて「うどん、もらえる」と声をかけてきた。奥さんは、またあわてて店を留守にして隣の製麺所へ行き、製麺仕立てのうどんをお婆さんに渡しているのだろう。店でわたしは、伸び細うどんを食べている。実にノンビリとした気分のお店だった。こういうのが、いいのだ。
 何日か後、仕事の帰りの暮れかけた夕方に製麺所の前を通りかかった。立ち喰いそば屋さんの室内の電気を消して、手元灯りだけで眼鏡をかけたあの奥さんが電卓で片手に帳面に向かっていた。今日の売り上げを付けているのだろうか。
 
 
   ★ 【立ち喰いそば屋】さんからみた荒川区の都市イメージ ★
 
 
 【仲屋製麺所】から徒歩5分くらいの日暮里駅前には、ジャンボ・ゲソ天そば\360等で超大人気の【一由そば】、荒川区でいちばん廉価のかき揚げ天そば\300の【六文そば 2号店】、流行の美味い\380うどんの【おがわ屋】、三店舗の立ち喰いそばがある。素人の感覚だが、価格の高低の問題、他者を惹き込む味の力の問題、それらの三店舗との【仲屋製麺所】さんの競い合いは大変にキツイだろう。けれども、頑張って欲しいと思った。下駄・サンダル履きで買いに行ける小さな製麺所が地元の町内から次々と姿を消して淋しいかぎりだからだ。
 
 ここで、幼稚で、だれにも相手にされないかもしれないが、だがじぶんでは大切だと思われる疑問がひとつ湧いてきた。
 なぜ、荒川区には【立ち喰いそば屋】さんが多いのだろうか、という……、
 自家の奥方に、なぜ、荒川区には【立ち喰いそば屋】さんが多いのだろう? と聴いてみた。奥方は荒川区東尾久の生まれだからだ。すると、
 「そばを、立って食べるひとが多いからじゃない」。
 わたしは、この応えを前にただ押し黙るしかなかったが、だが一日たっぷり時間をかけて、奥方の応えを考えみると、この応えは意外の荒川区と【立ち喰いそば屋】さんとの関係の本質を得ているのではないのかと思うようになってきた。
 また同時に、もう「ひとつ空疎な疑問が湧いてきてしまった。それは、立ち喰いそば屋さんは、どうして戸が開けっ放しになっているのか? オレは気になってきた? オレはバカかァ?
 椅子席のある立派なそば屋さんは、戸が閉まっているが、【立ち喰いそば屋】さんは戸が開けっ放しになっている。我が墨田区向島で、戸が開けっ放しになっていた下町の商売はコロッケ等を販る揚げ物屋、魚屋、八百屋、風呂屋、自転車屋、瀬戸物屋、呉服屋、映画館等々。椅子席のある立派なそば屋さんは、戸が閉まっている。なぜだろう?
 
 とりあえず、近隣の文京区、台東区、北区、足立区、墨田区についてネットの「食べログ」で店舗数をかぞえてみることにした。もちろん、資料のとして「食べログ」だけをつかい、じぶんの足で歩かないのは、データとして失格していることはわかってはいるが……、