日付:2019年6月10日 

  「じぶんのことでせいいっぱい」の感想文をメールでいただきました

 

「じぶんのことでせいいっぱい」の劇中に出てくる新三河島駅近くの西日暮里六丁目公園の夏。  

 

   感想文、ありがとうございます。 (*^_^*)
 
 
 遅くなりましたが、アンケートの総まとめです。
 
 紙のアンケートと一致しない箇所もあるかもしれませんが、私の記憶違いです。ご容赦を。
 また、紙のアンケートの日付とは順番が合っていません。
 
(1)
 劇が始まり、稲川さんが舞台に出てきただけでほっとする。一年半は長かった。また馬鈴薯堂の劇を観ることができて、それだけで感激する。そして、高橋さんも舞台に上がり、二人並んでほとんどセリフのないお芝居。目線と表情だけでのお芝居にまたほっとする。キャリアを積んだお二人にしかできない渋い渋い演技。
 
(2)
 セリフも小声で、普通の劇団がやるような、しっかり発声練習したような大音声ではしゃべらない。これも馬鈴薯堂だけ。
 助詞を省略した独特のセリフまわしも馬鈴薯堂だけのもの。本当に一年半は長かった。できれば年2回は公演して欲しい。
 
(3)
 二人並んで歩きながらの会話も馬鈴薯堂流。最初に観たのは「漱石の妻3」だっただろうか?
 加藤さんと???
 相手役が思い出せない。(その後、女相撲の役をやったという噂を風の便りに聞いたっけ?)
 2回目は伊藤じょじさんと???そんなお話を加古さんにしたら、「私です」と言われた。失礼しました。そしてまた、加古さんと西山さん。このシーンも懐かしさがこみあげてくる。
 
(4)
 いきなり、DaPumpの「USA」!!! びっくり仰天! 皆さんのダンスが素晴らしかった!皆さん相当練習したのが良く分かった。全員で踊ると上手い下手がはっきりわかってしまうが、それも愛嬌。皆さん楽しそうなのがいい。4回ダンスを観たが、今思い返してみると、2日目が一番良かった。稲川さんのSolo
 Danceに思わず声をかけてしまった。それに対して、3日目はかなりテンションが落ちていた。皆さん相当お疲れのご様子。4日目は行けなかったが、最終日、どうなることかと心配していたが、それなりに戻っていてほっとした。西山さんの衣装が良かった。一番楽しそうだったのは高橋さんだった。加古さんは流石!!!
 
(5)
 西山さんと加古さんの再開シーン。あまりの感動に涙が出てきた。加古さんが西山さんの股間をまさぐるシーンで涙! そして、Kissしようと襲いかかかるシーンでまた涙! どちらも笑えるシーンなのに何故か涙!加古さんのあまりの性欲の強さに涙???? 加古さんにもっと本気でKissして欲しいとお願いしたのだが、私の希望は成就しなかった。あたりまえか?
 
(6)
 私が馬鈴薯堂の劇を見始めたのは桃ちゃんがきっかけだったけど、それ以来ずっと、馬鈴薯堂の劇には若くて可愛らしい女優さんがヒロイン役で出演していた。かつての桃ちゃんであり、前回の目黒ひかるさん。今回、事前に出演者のお名前を見ていたらヒロイン役がいない! 馬鈴薯堂の作風が変わったのかな?と思っていたら、蓋を開けてびっくり仰天!なんと茂木さんがヒロイン!!! それも結構はまってる!イケメン若手男優を相手に美味しい役を演じてる。茂木さん、失礼しました。これからはヒロインでやっていけます。
 
(7)
 劇は相変わらず難解で、何回見てもよくわからない。それぞれの場面を楽しめればいいと思っているし、大いに楽しんでいる。稲川さんがもう一度会いたい人が西山さんで、西山さんが背中に背負っていた「みいこう」ちゃんが稲川さんだということは、2日目の最後でやっと分かった。私の友人は一回だけ観に来て、「全然わからなかった」と言っていた。一回じゃ分からないよ。馬鈴薯堂のお芝居は何回も観なきゃ。それに「分かろう」とするのも多違っている。場面場面を楽しめればいい。あとは想像を膨らますこと。
 
(8)
 今回はこれまでになかった下ネタ満載のお芝居だった。「ペニス」「ヴァギナ」といった単語がそのまま出てきたり、激しいラブシーンがあったりと、見ててはらはらしたが、この路線もいい! もっと激しくエロくして!
 
(9)
 ほぼ毎日観て、毎回の公演にはほとんど変化がなかった。よくお稽古をされていたと感心した。毎回のことではあるけれど。
 ???? そんな中で些細な違いがあったように思う。
 ・西山さんが帰って来て、加古さんと再会した時に「待ちぶせか?!」という場面。1日目は再会して早い段階で「待ちぶせか?」が出ていたのに、2日目は何回かセリフのやりとりがあってから「待ちぶせか?」が出た。3日目は1日目に戻って、最終日はいきなり「待ちぶせか?」で会話が始まった。ミスなのか演出なのか良くわからなかったが、最終日のシーンが一番良かった。
 ・茂木さんとイケメン若手男優の吉川さんの最後の方、茂木さんが駆け寄ろうとすると、「近寄るな!」と止めるシーン。1日目と2日目はタイミングがぴったり合っていたが、3日目と最終日は、「近寄るな!」がほんの僅か遅れる。茂木さんがストップしてから一瞬遅れて「近寄るな!」が出る。ほんのちょっとのタイミングの差だけれど、結構気になった。難しいところだけれど。
 
(10)
 些細なことなのだが、気になった点
 ・瀧澤さんと河内さんが自転車で旅する場面。右旋回、左旋回するとき、河内さんは自転車に乗ってカーブを曲がっているように見えるが、瀧澤さんは、パンチを繰り出しているように見える。自転車でカーブしているように見えない。
 
(11)
 役者さんごとの感想? (年齢順???)
 ・稲川さんの存在感は凄い!舞台に立っているだけでほっとする。ダンスも上手い!!!! ソロで踊っているときに思わず声を掛けてしまった。(2日目のみ)
 終演後のアフタートークはもっと面白い。
 ・高橋さん。前回の無縁坂、今回の炭坑節。渋い! 涙が出る。この味は誰もだせない。
 ・西山さん。毎回の主演男優。稲川さんに次ぐ馬鈴薯堂の看板? 今回は加古さんと熱いラブシーン! 良かった! もっと熱くして欲しかった。ここだけの話だけど、タテヨコ企画の時よりも馬鈴薯堂の方がいいかも・・・・
 ・村田さん。メタルマンはこの劇のハイライトだった。美味しいとこを全部持っていった。演技もフリも衣装も最高!
 ・加古さん。どんな役でもできる器用多才な女優さん。他の舞台では結構Coolな役もやってて、それも良かったけど。性欲全開の愛する女の役もドはまり! もしかして素・・・
 ・瀧澤さんのお芝居を観るのはタテヨコ企画の「戦争買います」以来2回目。全員が小声でセリフをしゃべっている中(時々河内さんが叫けんだりしたけど)、瀧澤さんの太くて低くて大きな声が実にいいアクセントになっていた。この声だけで痺れた!
 ・河内さん。馬鈴薯堂に欠かせない男優さんになってきた。芸達者の皆さんに決してひけをとらないと思う。
 ・茂木さん。ヒロイン!素晴らしい! 大出世おめでとうございます。
 ・吉川さん。今頃気づいたのですが、もしかして、今回はヒロインはいなくて、若くてイケメンが男優さんがヒーローだったのでは? これまでの馬鈴薯堂にはなかった若手イケメン男優の出現に拍手。
 以上、勝手なことばかり書いて申し訳ありません。お気に障ったらどうかご容赦を。素人の戯言です。
 次回公演を楽しみにしております。
 
 
高橋 忠彦
 
 
 わたしなんか、まったく気がつかないことを、よく見ていますね。驚きです。 …… 菅間 勇